会員メニュー


メールアドレスでログイン

空欄です

表示 空欄です

パスワードを忘れた場合はこちら

空欄です

空欄です

表示 空欄です

表示 空欄です

Close

山岳ガイドへの相談

解決済み

登山に必要なカロリー摂取とは?

相談者 Mnada Koso さん

登山に必要なカロリー摂取量などはありますか?
日帰り中心で登山をしていて、行動食は高カロリー高エネルギーすぐに吸収できるものゼリー類、エナジーバーなどを持っていってます。
どれくらいの量を持っていけばいいのか、オーバースペックになっていないかなど気になっています。
アドバイス頂けるとうれしいです。

Mnada Koso さん 、
こんにちは。

必要なカロリーですが、
計算が出来ます。

式は、
体重(kg)×行動時間(h)×5kcalです。
体重60キロの方が5時間トレッキングすると、
60×5×5=1500kcalが必要なカロリーとなります。
また必要な水分量も同じ計算で、
1500mlが必要な水分量となります。
(標準的な物で、暑い時期や重い荷物を背負うとなるとこれ以上が必要と成ります)

ただ、カロリーが即エネルギーとなるかと言うとまた別の問題となります。
即エネルギーとなるのは、ずばりG1値の高い食べ物です!

GI値とは、その食品が体内で糖に変化し、血糖値の上昇スピードを表す指標の事です。※GI値・・・グリセミック・インデックス(Glycemic Index)の略。

GI値の高い物
例)キャンディー・・・108
 どら焼き・・・95
 チョコレート・・・91
 食パン・・・95
 フランスパン・・・95
 白米・・・88
 グラニュー糖・・・110
 氷砂糖・・・100 等です。

長期となると脂肪等もエネルギーとして
長時間作用してくれますので必要な要素と成りますが、
即エネルギーとして働いてくれますので、
日帰りとして十分と思います。

またこれからの暑い時期、
水分も経口補水液も用意しておくと安心です。
ドラッグストアでも購入可能ですが、
自分で作る事も可能です。
水500mlに、塩1.5g、砂糖20gを混ぜてよくかき混ぜます。
ポイントは凍らせない事です!

凍らせて溶けた分から飲むと分かりますが、濃度が違いますよね。
これでは効果が有りません。
常温で携帯して下さい。
これで熱中症や熱痙攣を予防する事が可能ですし、成ってからも回復が出来ます。

これから本格的な夏山シーズンを迎えますので、参考に行動食や水分を携帯して貰えればと思います。

解決 相談者 Mnada Koso さん

山本道夫ガイド

とっても分かりやすいアドバイス感激です。
カロリーや水分摂取量の目安式もあることや、GI値といったものも初めて知りました。
お陰で、登山を勉強する気になれました。
また、色々な食べ物のGI値も気になったので調べようと思います。

シェア
Sherpaをフォローしよう!

みんなのQ&Aや登山に関する記事をお送りします