会員メニュー


メールアドレスでログイン

空欄です

表示 空欄です

パスワードを忘れた場合はこちら

空欄です

空欄です

表示 空欄です

表示 空欄です

Close

新着Q&A

help
登山中の擦り傷の処置方法について

2018/02/13

三連休に、仲間と筑波山登山に行きました。 下山中に転倒してしまい、小指の側面と手のひらに擦り傷、両膝を軽度の打撲してしまいました。 以前、金田医師のSherpa連載記事 https://sherpajp.com/article/38 で勉強したこともあり、見様見真似で対処出来ました。 傷部分に、泥、砂利などが含まれていたため穴を開けペットボトルを握り水圧のかかった水で傷を洗い。 持参したマキュロンで消毒、ガーゼで止血、切り傷の部類だと判断しバンドエードを貼って下山しました。 傷の洗浄 → 消毒 → 止血 → 傷の閉鎖の順で対応しました。 一点気になったのは、傷の洗浄、消毒の流れで、傷に覆いかぶさってる取れかかった皮膚が、ふやけたこともあり剥がしてしまったことです。 傷上の皮膚を剥がすことは、衛生上問題なかったでしょうか? 今回、幸い軽傷ですみましたが、ファーストエイドの知識技術をもっと勉強しとく必要があるなと身をもって体感しました。
help
ロープワークの際、使う手袋の素材

2018/02/10

ロープワークで使う手袋の素材は何がお薦めでしょうか? 今まで登山道具でない、コンビニで売ってるようなグリップ付き手袋や、軍手を切って指出ししながら使ったりしていました。登山は春夏のみ。冬季登山はやりません。 ロープを触るには機能性が悪いんだろうなと薄々感じながら今に至ります。
help
登山靴ミッドソールの傷について

2018/02/05

先日、下山後に登山靴の手入れをしようと確認してみると、ヒール部分のミッドソール(EVAフォームかウレタンフォームだと思います)に長さ25mm深さ5mm程の傷(画像を添付しております)がついているのを見つけました。 鋭利な岩に足を取られたときかアイゼンの爪でついた傷だと思いますが、この傷がついた状態の靴で登山を続けても問題はないでしょうか。 ちなみに、普段の登山の程度は、標高1500m~1700mを数峰(標高差は1000m程度)、活動距離7km~10km、バックパック等の重さ約15kgといったところです。 この状態での使用で問題がないのであれば良いのですが、もし応急的にでも処置できる方法がありましたら教えていただけますでしょうか。 よろしくお願い致します。
help
ネックウォーマーは体の保温を保つアイテム?

2018/02/04

秋山、冬山登山で寒さが目立つ時にはネックウォーマーを着用しています。 最近は日常使いでも役立ち、手放せないアイテムです。 全体的に薄着にも関わらず、ネックウォーマーをつけて、首を守るだけで温かさが全く違う気がします。 医学的に、首を温めることは保温を高める効果があるのでしょうか?
help
ダウンジャケットのメンテナンス方法

2018/01/29

登山用にダウンジャケットを購入しました。 海外登山でも使えるようなモコモコのダウンなのですが、中々そんな山には行く機会なくアウトドア、日常使いでフル活用しています。 汚れ臭いが気になり、思い切って洗濯網に入れ洗濯機で洗ったら羽毛が玉になってしまい、ダウンがペチャンコ。 羽毛も減り洗濯機が詰まるわ。悲惨な状況になっています。泣きそうです。 どうやってメンテナンスされていますか?
help
冬季のテント内の暖のとり方

31歳/男性 2018/01/25

冬季の暖房について伺いたいです。 テント内の火気は要注意なのは大前提として理解しているつもりなのですが、就寝時はシュラフにくるまって温かいのですが、就寝前のテント内での生活を少しでも快適にしたいと思っています。 お湯を沸かして暖を取ったことがあるのですが気温差で結露がひどいことになったので、ガスランタンやアルコールストーブのヒータなどがいいのかなと思っておりますが何かおすすめなどはありますでしょうか。
help
下山時の膝痛について

2018/01/21

お世話になります。 早速ではありますが下山時の膝痛について相談させてください。 場所は左膝裏外側下部位で下山時のみに発症します。 当方は48才の男性身長167cm体重60kgです。 若い頃から年間2座程度(標高差1000mほど)の登山はしていたのですが 体力と骨格にまかせた無理な登山であったと自覚しております。 発症は昨年の男体山の下山時に起こり、続いての日光太郎山、塔の岳でも激痛のためビッコをひいての 泣きながらの下山となりました。 整形外科へ行っても骨には問題はなく湿布を処方されるだけで痛みも2~3日でなくなります。 根本的に歩き方を変えなければと考え、以前にも当質問コーナーにありました膝痛質問や対策・登山姿勢を 参考させて頂き、それまで使用していたダブルストックを原則使用せずサポーターも外し低山で 練習しております。(幸い千葉在住ですので冬の低山には困りません) 又、朝晩に50回のハーフスクワットをして毎週末には累積標高差6~700m程度の尾根歩きをしております (御殿山~大日山ピストン 3時間20分若しくは石射太郎~八良塚経由の高宕山 4時間40分) 半年程度続け痛みは出なくなったのですが、昨日鋸山の下りにて再発してしました。 (少しでも下りを練習したく階段を往復しました) 千葉の山はどうしても標高が低く、尾根歩きのアップダウンがメインとなりますので長時間の登り 又長時間の連続した下りはありません。単にそれが原因で膝痛が出なかっただけのでしょうか。。 さらに、帰宅後もスクワットをしましたが痛みのある部位には負担は掛からないようで普通にこなす事が出来たのが不思議でした。 もしかしたら根本的なトレーニング自体が間違っているようで不安になっております。 今年も雪解けを待って高山を、出来れば女峰山の長い下りを口笛でも吹きながら下山してみたい のですが・・・夢の又夢でしょうか?(/_;) 宜しければご教授願います。 
help
テント泊登山でグランドシートは必要ですか?

2018/01/19

グランドシートはテント泊で必要なのでしょうか? また効果があれば教えて頂きたいです。 昨年夏にテント泊登山を始めるために1~2人用テントを購入。 テント泊をしている方を見ていると下にグランドシートを敷いてる方、敷いていない方と様々で、 私も買った方がいいのかと迷ってる間に冬になりました。
help
極寒時の登山では体内まで凍りますか?

2018/01/19

テレビでエベレストや冬季高所登山をしている登山者が、 睫毛が凍ったり、口周りのヒゲが凍りついてる写真を見たことがあります。 日本の山でも、同様の写真を見たことがあります。 このような、極寒の場合は体外的な変化だけでなく 体内にも影響し、呼吸器官までもが凍りついたりしないのでしょうか?
help
シリセードでオーバーパンツを消耗

2018/01/10

冬山を始め2年になります。 シリセードを大人ながら無邪気に何度も繰り返していたところ、帰宅してからオーバーパンツが摩擦でお尻部分がやや白くなり(元々はブラック 撥水効果が落ちていることに気が付きました。 摩擦による消耗からの撥水効果の復活は厳しいでしょうか? シリセードで素材を傷めてしまい後悔しています。
もっと見る

新着記事

登山に最適なペース配分|登山体の作り方 No.07
長時間の登山を安全に楽しく行うために必要なのは、ペース配分です。自分に合ったペース作りに必要な指標が「心拍数」や「主観的運動強度」です。自身の登山中の様子を測定することで、快適なペース作りができるようになります。 

2017/11/08 Sherpa編集部

登山のファーストエイドの問題点|正しい山のファーストエイド No.20
登山のファーストエイドには問題点が多い。 問題点を知り、正しい山のファーストエイドの学び方を知ろう。

2017/10/12 Sherpa編集部

登山に適切なファーストエイドキットの作り方|正しい山のファーストエイド No.19
ファーストエイドキットは何を持っていくべきか迷う方は少なくない。 様々なアクシデントを想定する能力をつけ、適切なファーストエイドキットを自分で作り方を学びましょう。

2017/10/09 Sherpa編集部

山で起こりうる病気について(腰痛,こむらがえり,腹痛,雪目)|正しい山のファーストエイド No.18
山で起こりうる病気はいくつもある。 まだ連載内で説明していない「腰痛」「こむらがえり」「腹痛」「雪目」について記載。 それぞれの病気のメカニズムを理解し、正しい山のファーストエイドを学びましょう。

2017/10/08 Sherpa編集部

山での突然死について|正しい山のファーストエイド No.17
中高年に多く発症する山での突然死。急激な頭痛、胸痛など予兆が見られることもある。 今回は、脳と心臓の急変について学びましょう。

2017/10/03 Sherpa編集部

高山病について|正しい山のファーストエイド No.16
日本の山岳地帯でも、多く起こる高山病。高山病とはどんなものなのか? 今回は高山病のメカニズムを知り、適切な対処方法を学んでいきましょう。

2017/09/27 Sherpa編集部

【講習会レポート】初心者同士で行く山行の気をつけたいポイント
登山初心者向けの山行ポイントについて、講習会を実施しました!その様子をお届けします。今回の担当ガイドは日本山岳ガイド協会所属の小林理香ガイドです。

2017/09/24 Sherpa編集部

凍傷について|正しい山のファーストエイド No.15
凍傷と聞くと、どんなイメージを持つでしょうか? 凍傷は寒冷から起こる病気で、重症になると手指、足趾を切断することもあります。 今回は凍傷のメカニズムを知り、適切な対処方法を学んでいきましょう。

2017/09/22 Sherpa編集部

骨折、捻挫、脱臼の応急処置|正しい山のファーストエイド No.14
登山で起こしやすい骨折、捻挫、脱臼。時に、適切な対処をしないと悪化することがある。今回は対処法のメカニズムを学んでいきましょう。

2017/09/21 Sherpa編集部

創傷の基礎と止血の仕方|正しい山のファーストエイド No.13
傷からバイ菌が入るのが怖い創傷。時に感染症を起こすことも少なくありません。 もし、あなたや仲間が創傷を受傷してしまった場合、適切な対処ができますか? ​​​​​​​今回は、創傷の基礎と止血方法を学びましょう。

2017/09/16 Sherpa編集部

もっと見る