会員メニュー


メールアドレスでログイン

空欄です

表示 空欄です

パスワードを忘れた場合はこちら

空欄です

空欄です

表示 空欄です

表示 空欄です

Close

山岳ガイドへの相談

解決済み

バーナーの点火装置について

相談者 Saki Takaoka さん

テント泊、日帰り登山を夏山限定でやっています。
その際に、ガスバーナーを持って行くのですが、ガスバーナーの点火装置がすぐに壊れてしまいました。
そのため、チャッカマンを持参するようになりましたが適切でしょうか?
他にも、ライターやら諸々ありそうですが。

バーナーの点火装置ですが、点火したりしなかったりではないでしょうか?

下記の理由が考えられます。

●低温
気温が5℃を下回ると、低温により点火装置自体の放電力が落ちて着火しにくくなるようです。
●気圧
酸素濃度が低い高所になると燃焼に必要な空気などの濃度が少なくなるため着火しにくくなります。

山では濡らしてしまったりする事や故障する事もあり、点火装置はいつでも必ず機能するわけではありません。どのメーカーの取扱説明書にも必ずマッチやライターを携行してくださいと記載があると思います。

個人的なオススメはアウトドア用のマグネシウムを使ったコンパクトなファイヤースターター、防水マッチ。ライターは電子式はバーナーの点火装置と同じような感じで気圧や温度の変化を受けやすいですからフリント式(昔ながらのヤスリ式)ものがよいですよ。

点火装置が破損している場合は販売店を通して、修理点検をご依頼ください。

解決 相談者 Saki Takaoka さん

迅速な回答かつ丁寧なアドバイスありがとうございました。
マッチやライターを携行してくださいと説明書に記載があったとわ。完全に見落としてしまっておりました。
来週の山行で、早速、マグネシウムを使ったコンパクトなファイヤースターター、ヤスリ式のライターなど用意してみます。

シェア
Sherpaをフォローしよう!

みんなのQ&Aや登山に関する記事をお送りします