会員メニュー


メールアドレスでログイン

空欄です

表示 空欄です

パスワードを忘れた場合はこちら

空欄です

空欄です

表示 空欄です

表示 空欄です

Close

山岳ガイドへの相談

解決済み

チェーンアイゼンを使う機会はあるのでしょうか?

相談者 Cocco さん

チェーンアイゼンや軽アイゼン(4本爪)などスペックの低い登山道具がありますが、
このような道具はどの場面で使うのでしょうか?
私は冬山でのアイゼン使用は10-12本爪のみ使用しています。

チェーンアイゼンや軽アイゼンは爪も短く雪の急斜面の登降や深い雪では役に立ちません。

これらのアイゼンのメリットは
・着脱が容易
・軽量・コンパクト
・ソールやアッパーが柔らかい靴でも装着できる

などがあります。


・夏山縦走で行程の一部分だけ雪渓の通過がある。
・残雪期などで日向は夏道で日陰だけ雪がのこる(足元の状況が頻繁に変わる)
・凍った林道歩き
・冬場の低山で雪や凍った場所はないと思われるが不安がある場合

以上のようなシチュエーションでは重く・かさばって・靴を選ぶ12本爪アイゼンよりも便利な場合があります。

実際、私を含め知人のガイドの方々も冬の赤岳鉱泉や上高地へのアプローチにはチェーンアイゼンを使い、
それより上のアルパインエリアでは12本爪アイゼンに付け替える方法をとっています。
林道歩きなど平坦な場所では12本爪アイゼンの爪は長すぎてかえって歩きづらい場合があるのです。

当然ながら注意していただきたいのはチェーンアイゼン・軽アイゼンが使えるのはあくまで傾斜の緩い斜面のみです。
使用する場所が短くても急な場所を通過する場合は面倒でも12本爪アイゼンを使用してください。

道具はそれぞれ適材適所がありますので状況を見極めて持っていく装備を判断しましょう。

解決 相談者 Cocco さん

山行によって適材適所で道具を選ぶ必要があるのですね。
冬山の時期が来たら、自分の山行に必要な道具を検討しながら山を楽しみたいと思います。それまで夏山を楽しみます。
迅速丁寧な回答に感謝致します。

シェア
Sherpaをフォローしよう!

みんなのQ&Aや登山に関する記事をお送りします