会員メニュー


メールアドレスでログイン

空欄です

表示 空欄です

パスワードを忘れた場合はこちら

空欄です

空欄です

表示 空欄です

表示 空欄です

Close

山岳ガイドへの相談

解決済み

雷鳥を一目見るために

相談者 雷鳥🐤 さん

雷鳥を一度見て見たいと願っています。
この夏は唐松岳、白馬岳に行きましたが見ることができずでした。
もう秋になったので私の登山レベルでは不足があるので来夏に望みを繋げたいです。
どこが遭遇しやすいとか天気とかあるのでしょうか?

雷鳥はあまり人間を怖がらず、出会っても追い掛けたりしなければ、逃げずに写真を撮らせてくれることが多いですね。

ただ、やはり土日などの登山者が多い時間帯やルートには出没しにくいです。
人間の気配は基本的には嫌がっているのだと思います。

ある山小屋の主人の方は、テントサイトがある山小屋と、テントサイトがない山小屋では、後者の方が安心して山小屋近くにテリトリーを持っていると言っていました。

テントサイトのない森林限界近くの山小屋に泊まり、夕方暗くなる前に山小屋周辺を歩いたり、山小屋で朝食を食べずに早立ちして、登山者の少ない時間帯に雷鳥探しをしながら歩くといいかもしれません。

山小屋の方に雷鳥がいそうなポイントを聞いてみるのもいいと思います。

また、名前の由来でもありますが、晴天時よりは霧や雲が出ているなど、少し天気の悪いタイミングに出会いやすいです。
雷鳥は寒さに強く、暑さに弱いようです。
夏山の晴天下の日中は出会いにくいと言えると思います。

あと、夏毛に生え替わると視覚的に見つけにくいですが、残雪が残る場所では雪の上にいる雷鳥は目立つので見つけやすいと思います。

雷鳥に限らず、歩行中に野鳥や動物の存在に気づくのは、なかなか難しいです。
慣れていると鳴き声やハイマツの中を移動する物音で気付けます。

雷鳥に詳しい人、ガイドなどと一緒に山を歩くのもいいかもしれません。
来年には出会えるといいですね。

シェア
Sherpaをフォローしよう!

みんなのQ&Aや登山に関する記事をお送りします