会員メニュー


メールアドレスでログイン

空欄です

表示 空欄です

パスワードを忘れた場合はこちら

空欄です

空欄です

表示 空欄です

表示 空欄です

Close

山岳ガイドへの相談

解決済み

カラビナの使用方法について

相談者 太郎 さん

カラビナの使用方法について質問になります。
以前にカラビナを購入したのですが、使用時にカラビナの向きは気にする必要があるのでしょうか?
写真のカラビナは上側の方がやや狭く、下側のほうが幅広く作られているようです。

写真のカラビナはUIAA(世界山岳連盟)による分類ではTypeHになります。TypeHは「for Belaying」と呼ばれ、ロープを使った確保に使うために作られたものです。カラビナ単体によるビレイまたはビレイディバイスと併用します。このときにロープをかけるのが広い側(ブロードエンド)です。支点のカラビナやハーネスのビレイループには狭い側(ナロウエンド)がくるようにセットします。ちなみに開閉部はゲート、カラビナ本体の背骨にあたる部分をスパインと呼びます。写真も添付しておりますので、参考にしてください。

解決 相談者 太郎 さん

どの場面で使うのか、ナロウエンド、ブローエンドどちらにロープをかけるのかと疑問が多かったです。ハーネスのビレイロープにブローエンド側を使ってしまっていた気がします^^;名称含め道具の使い方に興味を持ちました。

分類だけでなくカラビナの箇所の名称まで丁寧にありがとうございます。

シェア
Sherpaをフォローしよう!

みんなのQ&Aや登山に関する記事をお送りします