会員メニュー


メールアドレスでログイン

空欄です

表示 空欄です

パスワードを忘れた場合はこちら

空欄です

空欄です

表示 空欄です

表示 空欄です

Close

山岳ガイドへの相談

解決済み

バックカントリーでの保温ボトル携行について

相談者 旅人 さん

バックカントリースキーでの水分摂取のための容器について質問をさせて下さい。厳冬期であれば、凍結を考えてサーモスの山専ボトルに代表される保温ボトルが有効かと思います。一方、3月以降マイナスを下回らない気温であれば、夏山と同様に保温ボトルではなくハイドレーションやナルゲンボトルなどでも十分かと思います。保温ボトルに比べて軽量化という点でもメリットはあるかと。それでも、保温ボトルに暖かい飲み物を入れて携行する意味はありますか?

旅人さん

質問にありますように道具にはメリット、デメリットがあります。道具の目的と特性を理解し使用していただければと思います。
暖かい飲み物が飲みたいのであれば保温ボトルを持っていけばよいですし、必要ないのであれば持って行かなければよいですね。

解決 相談者 旅人 さん

すっきりしました。ありがとうございます。

シェア
Sherpaをフォローしよう!

みんなのQ&Aや登山に関する記事をお送りします