会員メニュー


メールアドレスでログイン

空欄です

表示 空欄です

パスワードを忘れた場合はこちら

空欄です

空欄です

表示 空欄です

表示 空欄です

Close

山岳ガイドへの相談

解決済み

単独行における非常時(遭難時)の対策について

相談者 はっちゃん さん

単独行における非常時の対策についてお伺いします。
近場の日帰り登山や北及び南アルプスの縦走では非常時(遭難時)に備えてツエルト及びエマージェンシーシート等を持参していましたが、今まで使用した事はありませんでした。
しかし、非常時(遭難時)に遭遇した際に天候が悪化して雨風が強い中でのツエルトでは非常に心配です。
そこで、最近では1kg前後のダブルウォールテントがあるので、少し位の重量オーバーであればテント持参の登山もどうなのかなと思い、ご相談させて頂きました、宜しくお願い致します。

結論から申しますと、あくまで非常用に携行するという事でしたら、やはりツェルトが良いと思います。

テントの軽量化が進んでいるとは言え、ツェルトであれば200g程度のものもあり、テントとの重量差は小さくありません。
また、猛烈な強風下では自立式のテントであっても設営は困難です。

重量増加によるデメリットと、重装備化によるメリットを比較考量した場合、このケースでしたら軽量なツェルトを選ぶべきではないでしょうか。
ただし、ツェルトの設営に慣れているならば、という前提付きにはなりますが。。


過酷な環境に対応できるように装備を追加するか、過酷な状況を少しでも早く切り抜けるために装備を軽量化するか、
登山における永遠のテーマの1つですね。

解決 相談者 はっちゃん さん

的確なご回答をありがとうございました。
年齢的に若くもないので装備の軽量化としてツエルト持参の山登りを続けていきます、有難う御座いました。

シェア
Sherpaをフォローしよう!

みんなのQ&Aや登山に関する記事をお送りします