会員メニュー


メールアドレスでログイン

空欄です

表示 空欄です

パスワードを忘れた場合はこちら

空欄です

空欄です

表示 空欄です

表示 空欄です

Close

山岳ガイドへの相談

解決済み

何の問題も無かった登山靴で踝の痛みを感じるようになりました。

相談者 uno2000 さん

低山を中心に登っている者です。2年以上、700km位使っている登山靴で踝に痛みを感じるようになりました。今までは何の痛みも感じなかったのですが…
インソール、靴下、ジェルパッド、テーピング等色々試したのですが変わりません。靴はシリオのPF302です。安価な靴ですが自分の足に合っていて愛着もあるので、出来ればこのまま使いたいのですが、原因は何が考えられるのでしょうか?

足の構造はアーチ型になっており体重がかかるとこれが伸び縮みしてクッションの役目をしております。
このクッションのバネの役目をするのが足の裏についてる足底筋です。

ランニング、登山などで繰り返しこの筋に牽引力がかかると踵の骨についてる足底筋膜のところで炎症を起こし痛みを感じます。
踵の内側、足底部を指で押すと痛いところがあるはずです。

また踵骨のレントゲンを撮ると踵骨棘といって骨の棘をみることがあります。
痛みが続くのであれば受診を勧めます。

治療は抗炎症作用のあるステロイドの注射をすることがあります。
また踵の疼痛部をくり抜いたパットを靴に敷いてみる方法もあります。
いずれにしても原因をはっきりするべきでしょう。

シェア
Sherpaをフォローしよう!

みんなのQ&Aや登山に関する記事をお送りします