会員メニュー


メールアドレスでログイン

空欄です

表示 空欄です

パスワードを忘れた場合はこちら

空欄です

空欄です

表示 空欄です

表示 空欄です

Close

山岳ガイドへの相談

解決済み

グループ登山のリーダーとして気を付けることは何ですか?

相談者 Atsushi Nakazato さん 32歳/男性

会社の仲間や、SNS登山サークルで出会った仲間と月1,2回ペースで登山をしています。
リーダーとして人を連れて行くことがメインでした。
最近、山岳事故のニュースなど目にすることが増え、何気なく仲間を山に連れて行っていたので。

果たして、リーダーとしての仲間を登山に連れて行けるスキルがあったのか?と考えると自分自身疑問を持ち始めました。
仲間と一緒に行く上で、気をつけることはありますでしょうか?

チームには大きく分けて二つあります。ひとつはメンバー全員が同じ様な経験、力量、モチベーションを持つ場合。もうひとつはメンバーの中の経験や力量に差がある場合です。どんなチームにもリーダーが必要ですが、ご質問の内容であれば後者の方でしょうか。

後者の場合は経験者が後進を育成する形になりますので、まずリーダー自身が自立した登山者である必要があります。リーダーとは山行メンバーの安全を最優先に判断・行動する責任者で計画立案・実行における指揮命令の責任者です。ですので基礎的な登山経験、安全登山を行う為の知識・技術・判断力、リスク管理能力が必要です。

山行前にはメンバーの体力や技術などを把握した上での山行計画の立案、想定されるリスクの回避・軽減対策を含んだ計画の立案。エスケープルートの確認等。山行中は、参加メンバーの体調をチェックし評価し続ける。 ルートファインディングや適切な歩行ペースの設定。天候や状況に応じてコースを変更したり、山行中止を決定する。アクシデント等の不測事態へ対応する。

順調に行っている時はいいですが、問題が起こった時にチーム内の意見の相違が露呈します。
リーダーはリーダーシップを発揮すると共にメンバーとのコミュニケーションを取り、メンバーもリーダー任せにならないようにフォロワーシップ等を発揮する、後進が育成できるような環境作りをする事も大切です。

解決 相談者 Atsushi Nakazato さん 32歳/男性

後者の、メンバーの中の経験や力量に差がある場合でした。
まずはリーダー自身が自立した登山者であることですね。
心に響きました。たまたま事故なくやり過ごしてましたが、、、今まで力量に欠けていたので、お陰で見つめ直すことが出来ました。

ありがとうございます!!

シェア
Sherpaをフォローしよう!

みんなのQ&Aや登山に関する記事をお送りします